西岸良平『三丁目の夕日 傑作集 その5 兄ちゃん お姉ちゃん』

▼第1話/干しいも兄ちゃん▼第2話/せいくらべ▼第3話/木登り▼第4話/兄と妹▼第5話/長女物語▼第6話/一台のテレビ▼第7話/金魚草▼第8話/男は泣かない▼第9話/コスモスの花▼第10話/夜の音▼第11話/うさちゃん▼第12話/千代紙・折り紙▼第13話/やきもち▼第14話/千歳飴▼第15話/雪のうさぎ▼第16話/鬼さんこちら▼第17話/お赤飯▼第18話/雛まつり▼第19話/若草

お姉さんが捨ててしまったうさぎの人形を、妹が直して使ったことで、人形と心をかよわす11話「うさちゃん」という話が好き。ボタンで作った目が、ほんとうに、生き生きと見えてくる。神だとかそういうものはあまり信じないのだけど、ものを大切にしたら、心が宿るっていう感覚は、なぜか共感できてしまう。