SBSは、時間を記録する

 SBS関連を考えているひとたちにとっては、「いまさら」という感じなのかもしれない。だけど、せっかく気付いたのでメモ。

 ソーシャルブックマーク(SBS)というのは、オンライン上のブックマークのこと。しかし、これまでのあったようなオンラインブックマークサービスとはすこし違う。個々のブックマークを公開させ、データベースとすることで、現在どのようなページが盛り上がっているのかがわかる。それに、特定のURLをブックマークしている人のコメントも読める。

 加えて、ブックマークされた日付をみれば、「そのページがいつ盛り上がったのか?」というのがわかる、ということだ。SBSのエントリーページをみていて、突然、「あ、このページは去年の9月ごろ盛り上がったのだな」などということを感じた。SBSにはそういう意味もあったのかと、個人的ブレイクスルーだった。こんな情報が欲しかったのだが、それは、意外なところにずっと前からあるものだった。

 SBSのエントリーで盛り上がっている日付をみることによって、「いまさら、こんな話題もないよなぁ」という判断ができる。「もりあがったのは去年であったか」みたいな情報を得られる。これは、だたっぴろくて、情報が複雑に入り組んでいて、時系列に並んでいるとは限らない、ネット上のコンテンツについて言及する上で、意外と重要な機能であるきがする。