ブログと就職活動の相性のよさ

積読状態にあった、森村稔『自己プレゼンの文章術』という本を、インターンシップのES対策だとおもって、読んでいます。

冒頭14ページ、次のように書いてあります。

 社会は、いろんな場面で人に自己表現を求める。人は何らかの自己表現をすることなし
に社会とかかわってゆくことができない。

 学生が就職活動をするときなどは、その最たる場合である。社会と正式に対面し、自分とは何であるかを意識させられる。志望する企業の求めにしたがって「自分はどのような人間であり、何を望んでいるか、何ができる(と考えている)か」を伝えなければならない。その出来不出来が志望の実現を大きく左右する。就職活動は、成否のともなう自己表現活動である。

 具体的には、会社訪問に始まり、エントリーシートヘの記入、テストや作文があり、最後には面接試験がある。これらは、企業にとっては応募者の人物情報の収集であり、応募し受験する者にとっては、すべて自己表現の機会である。

 就職活動というのはブログでよく書かれるテーマです。相性がいいという漠然とした想いはありましたが、「就職活動は、自己表現の場」と考えると、なるほど、自己表現という点で共通点があると思える。

 就職活動中に考えたことを、そのままブログで表現すれば、あとで見直せるし、知らない誰かから反応があるかもしれない。見直したり反応があれば、考えを深めることができる・・・ブログと就職活動の相性の良さというのは、就職活動するならば知っていてよいことなのかもしれません。

自己プレゼンの文章術 (ちくま新書)

自己プレゼンの文章術 (ちくま新書)