年賀状が金券ショップにいっぱいの謎

 そこで郵便局員にジカあたりしてみた。年賀状を金券ショップに大量
に持ち込むことができるのは彼らと踏んだからだ。すると、仰天話が出
るわ出るわ。
「ノルマがもの凄いです。上は、年賀状販売の成果は『民営化の試金石
だ』『キミたち郵便局員の営業力を見るためだ』とか言ってハッパをか
けてくるんです。集配担当だけじゃなく、保険や貯金担当、さらにパー
トの“ゆうメイト”までノルマ漬け。本来の仕事のほかにやるんですか
ら、ホント参っちゃいますよ」(30代局員)

 これって、売った局員は損するんじゃないか。
「そうですよ。局員はまず、年賀状を買い取ってノルマ分を達成する。
無地の年賀状なら1枚50円だから、5000枚買い取れば25万円郵便局に支
払うわけ。金券ショップは45円前後で買い取るから、だいたい2万5000
円の持ち出し。痛いですよ」

郵便局は、厳しいのか。