読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相手を楽しませること

相手を楽しませようと考えて、どこ行きたい、なに食べたいなど聞いてしまうのは、俗にいう「からまわり」ですよね。人間関係のことをわかっていないと思います。

大抵の人間は相手が楽しんでることに喜びを感じるんです。だから、相手を楽しませようとばかり考えてるときは、思いやりが足りてない。
相手が第一に望んでいるのは、自分と同じ、「相手を楽しませる」こと。だから、質問して答えが返ってきたとしてもそれは第二の希望。そして、希望をいわせるのは、相手にエゴを言わせること。誰も自分勝手には思われたくないですよね。

相手を楽しませようとするならば、まず自分が楽しまなければいけない。楽しませたい相手を質問ぜめにして、こちらの「相手を楽しませなきゃいけない」っていうプレッシャー、焦りを見せるのは、自分が楽しんでいないことを見せることだし、相手にエゴを出させて負い目を感じさせること、相手を喜ばせることには程遠い。

相手の希望は、会話の節々からヒントを拾って、想像して、直接聞かない。そして、自分は全力で楽しんでいるところを相手に表現する。

そういう男に僕はなりたい。