「パワポで極める1枚企画書」

  • 竹島 眞一郎 著
  • ビジネス極意シリーズ

 就職しました。新人研修で、企画書をつくる宿題があったので、読んだ一冊。

内容

 内容は、パワポの使い方(オペレーション編)が1割、どのようにまとめるかのハウツー(レクチャー編)が2割、のこり7割が実例紹介(ケーススタディ編)。

 パワポの使い方、どのようにまとめるかのハウツーの部分は短く読みやすくまとめられていて何度でも読み返したい。実例は豊富で、パラパラめくりながら、そのときつくっている企画書にあった実例を探して参考にする・・・といった使い方ができる。

 なれないうちは、ワードで普通に企画書を作ったあと、それをパワポでビジュアルよく仕上げていくのがよさそう。

パワポでの1枚企画書のよさ

 パワーポイントで、二次元に要素を配列することによって、記述や構成をシンプルにわかりやすく仕上ることもできるし、逆に意識して複雑にしてわかりにくくし、全体像を把握しにくくし、企画に深みを持たせることもできると思う。どうでしょう。企画書を書く場面がどのようなのか、まだ新人なのでわからないですが、役に立ちそうなノウハウが乗っていたように思う。

パワポで極める 1枚企画書 PowerPoint 2002,2003対応 (ビジネス極意シリーズ)

パワポで極める 1枚企画書 PowerPoint 2002,2003対応 (ビジネス極意シリーズ)