【商業簿記】まちがえてしまった仕訳 その1

日商簿記2級の試験勉強中に間違えてしまった仕訳です。

売上帳
売掛金欄合計 430,000円 (このうち値引額 13,000円)
※売上帳を特殊仕訳帳として使用している。

これを普通仕訳帳でかいた場合はどうなりますか?僕は

貸方借方
売掛金443,000 売上443,000
売上13,000 売掛金13,000

 こんなふうにかくものとして解答して、×になりました。「このうち」って書いてあるので、売掛金の合計額は、すでに値引額が控除されているんだなぁと勘違いして解答したのです。

正解は、

貸方借方
売掛金430,000 売上430,000
売上13,000 売掛金13,000

 こうなんですね。確かに、売上帳の合計欄、値引額は合計転記しないのでした。この問題でも、売掛金合計ではなく、しっかりと、売掛金【欄】合計ってかいてある。すっかりこのルールを忘れていて、間違えてしまっていたのでした。

 特殊仕訳帳簿は、日商簿記2級でかなり重要なテーマなので、仕訳帳が資料や解答用紙としてみれない場合でも、しっかり書く内容を思い出せるよう、しっかりマスターしたいところです。

テキスト・問題集は、このシリーズがオススメです。

日商簿記2級最短合格テキスト 工業簿記―10日30時間でうかる! (ダイエックス出版の最短合格シリーズ)

日商簿記2級最短合格テキスト 工業簿記―10日30時間でうかる! (ダイエックス出版の最短合格シリーズ)

日商簿記2級 最短合格問題集 工業簿記―10日30時間でうかる! (ダイエックス出版の最短合格シリーズ)

日商簿記2級 最短合格問題集 工業簿記―10日30時間でうかる! (ダイエックス出版の最短合格シリーズ)