読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふと思い立って、募金をしてみた。

あと人生、50年あるかな、ないかな。

生きている間、飢えないほどのご飯があって、寒すぎず暑すぎず暮らせ、インターネットができる。それだけで、僕はかなり幸せだ。25年間いろいろ見て聞いて食べて飲んで、その結果、今現在そのように思っています。それに僕は、せっかく消費するならいい選択をしなければとおもってしまっていろいろ気にしてストレスがたまるから、消費への欲求はとてもひくい。できるだけ消費せずに質素に生きたい。でも、「アメムラさんは、消費しないから経済のやくにたってなくていけない」とか、いわれることがあって、それはそれでちょっと悔しくあったりもします。

だから、ふと思い立って、消費のかわりに募金をすることにしました。今月は、プラン・ジャパンの「マリ 途上国での水や食糧の支援」に、5,000円。

これからも、月に5,000円くらいのペースで募金していこうと思っています。

せっかく募金するのなら、引落しとかで継続的な支援するのが望ましいのかとは思います。しかしながら、時期や、団体の活動内容、活動場所などによっては、あまり効率のよい支援ができないかもしれない。できれば、効率の良い募金をしたい!それに、募金を通して団体のサイトなどを見ることで、色々な支援の形をしりたい。募金は、未来への投資だ!ということで、投資の基本にならって、しばらくは、分散募金していきます。

テーマは、「子ども」「食糧援助」あたりが中心にしたいです。ご飯食べれないのはきついよーと思うから。また募金したらこのブログで報告する予定です。

今回募金した活動

マリのバルエリ地域で、学校への出席率や在籍率を上げるために、次のような支援を予定しています。
・学校給食導入・実施のための学校管理・運営委員会の立ち上げ
・給食設備の購入(調理器具、食器、調理室設備など)、設備の管理・運営トレーニング
・給食用穀物等の購入
募金により、同地域の25校で給食室が完備され、その結果、約5,200人の児童が学校給食で昼食を取れるようになります。
栄養不良の児童が減少し、中途退学するケースが減少することをめざします。

詳細な情報を知りたい方はプラン・ジャパンのホームページをご覧ください。
プラン・ジャパン