anybody's game

日々感じたこと、艦隊これくしょん、千年戦争アイギス、読書記録

上原あずみ『One's Love』~ すーっと大脳に染み渡るような

平成15年08月01日PM 08:22:07

無色

無色

 上原あずみの歌をじっくりじっくり聴いていて思った。 小論文の授業で、「それ」「その」のような、指示代名詞が多いと指摘されたのは、 上原さんのの影響だな。絶対そうだ。

本当はまだ何一つ過去にはなってないの
自分を演じ偽っては 寂しさ紛らわしてるよ

 大好きな曲。 ワンフレーズワンフレーズが、とても印象深く、しかもわかりやすくて、すーっと、大脳に染み渡るような歌詞。 しかも曲全体をみても、にわかに起承転結になっていて、曲全体で聴いても感情移入しやすいと思う。 何もみたくないからはじまって、最期の一行でやっとタイトル「One's Love」そして、「Lovin'you」。 もう投げ出したい状況から、自分の中に愛を見つけ、悲しい愛だけど、見つける事が出来たから安心できる結末なのかな。 日常に疲れたときに、3分で一筋の光を見つけれるマイフェイバリットです。 そう、沢山じゃなくっていい、一筋だけの光のほうが導いてくれるんだ。 そんな気がする一曲。

補足
  • 2003-08-01 初稿
  • 2018-04-28 追補・再公開