石川くん

石川くん (集英社文庫)

石川くん (集英社文庫)

石川啄木の短歌を現代風にアレンジした本。

  • 学校でならった時、石川啄木を、好きになったけど、昔のことばで、読みにくくて、深入りしなかったんだけど、これなら読める。現代語を読んだあとなら、昔のことばも理解できるから、二重に満足。
  • 後世の作家やシンガーソングライターに影響を与えたこと、石川くん研究者の話題、ローマ字日記の話題と盛りだくさんで、文学の素人が、石川くんにどっぷりはまっていくレールのような感じになるかも。
  • プロの女の人と遊んでいた話題なんかのくだり、背にコンプレックスを持っていた話題なんかのくだり、とても、親近感を感じた。ここらへんを詳しいというローマ字日記、こんど読んでみようと思う。