読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JSTQB認定テスト技術者資格(Foundation Level) 合格

結果の報告

2012年2月18日、JSTQB認定テスト技術者資格 (Foundation Level) を受験し、2012年4月12日、合格しました。

JSTQB認定テスト技術者資格とは?

ソフトウェア開発というと一般にはプログラムを書く場面を思い浮かべる人が多いかもしれません。しかし、ソフトウェアの開発には、設計やテストというプログラムを書く以外に重要な段階があります。

JSTQB認定テスト技術者資格は、ソフトウェアの開発の流れのうち、「テスト」の段階の知識・能力が一定水準に達していることをJSTQBという団体が認定してくれるというものです。

「ISTQB」という各国のソフトウェアテストの技術レベルを認定する団体を取りまとめている組織に「JSTQB」も加盟していますので、「JSTQB認定テスト技術者」であるということで、国際的に「どのようなレベルの知識を持っているか」ということを認識してもらうことができるということになります。

背景・受験動機

この資格の受験の受験を考えた背景としては、システム開発の仕事をしていて、ソフトウェアテストの作業に関して知識不足を感じていたことや、「TDD(テストドリブンデベロップメント)」というテストを重視する開発方法を実施してみて、それなりに効果を実感できたことなどがあります。

こういう背景がありまして、テストを少し重点的・体系的に勉強しようと考えたとき、資格という一定の目標があったほうがモチベーションも保てますし、かたよりなく体系的な知識がみにつくなぁと判断したのが、JSTQB認定テスト技術者資格試験、受験の動機です。

試験の質

 受験してみて、JSTQB認定テスト技術者資格試験の試験自体の質は非常に高いと感じました。試験範囲の選び方も、ソフトウェアテストという技術のレベルを図るのに適切に思えます。

 試験問題の質も高めです。問題を解くことでレベルアップが図れる、暗記よりも理解が重視される、など、良質な試験問題の条件がそろった問題が出題されているように思います。

 総じて、試験の質は高いです。しかも、テストという分野はソフトウェア開発においてとても重要で、かつ、一番楽しいのはやっぱり実際にプログラミングしたり、設計したりするところですから、周りを見渡してみても、興味をもって取り組む人が少ない分野ですから、試験の必要性も重要だと思います。

 受験者数が少ないのと、受験料が21,000円と少し高めなことが少し残念です。この試験の評判が広がって、受験者数が増えて、受験料も下がっていくことを期待しておきます。そうすれば、もっとオススメしやすくなりますからね。

勉強時間・勉強期間

勉強時間ですが、2011年の12月、3ヶ月前から初めて、50〜60時間くらいです。

テキストの読み込みと「スクエアリング」というe-ラーニングサイトの演習問題への取り組みが半分半分くらい。

アドバイ

繰り返しになりますが、試験の質は非常に高いです。品質保証担当者は実務を通じてこの試験のレベルの知識は徐々に身についていくでしょうから、自分の技術レベルを示すためにこの試験を使うとよいと思います。テストを開発担当者がやっているという場合だと、テストの技術力に不安をもったままで、あやふやな知識でやっているから開発者同士で情報シェアもされないということがあるのではないかと思いますので、この試験を通じて、テスト技術の体系をしっかり学ぶのがよいでしょう。


試験問題も、出題範囲もしっかりしているので、開発担当者で、テストという範囲に強みを持ちたい人、不安を持っている人、これからテストの専門家としての道を歩もうかと思っている人などにオススメです。受験料が高いので、試験を受けずとも資格試験用のテキストを読み込むだけでもだいぶ光が見えてくるのではと思います。

2012/04/14 現在のアセットロケーション

現在のポートフォリオ

 さて、毎月15日前後に公開している「現在のアセットロケーション」です。今月は、「投信積立」への仕組み作りをめざしていろいろ作業してみました。

 3月中までは、信託報酬が安く運用も安定してそうだということで、「eMAXISシリーズ」が積み立てるのにはいいなと思っていたのですが、4月に「SMT(旧STAM)シリーズ」が信託報酬を値下げしたことによって、こちらが一気に一気に積立てるのにいい感じになりました。「eMAXISシリーズ」と比較すると、マネックス証券でポイントつくし、歴史が長いし、複数回の値下げ実績でこれからも値下げが期待できるし・・・という感じ。


 しかし、今積立を解除すると、「マネックス証券」「楽天証券」「SBI証券」「カブドットコム証券」で行われている「eMAXIS積立キャンペーン」の条件が満たせなくなってしまいますので、とりあえず、この先数か月は「eMAXISシリーズ」を積み立てていく予定です。


 最近、三井住友トラスト・アセットマネジメントの「SMTシリーズ」・「インデックスeシリーズ」や、三菱UFJ投信の「eMAXISシリーズ」、野村アセットマネジメントの「funds-iシリーズ」など、ノーロードのインデックスファンドシリーズ同士で、いい感じにサービスの向上の競争が行われています。

 それはそれで、投資家が有利になるので、とてもうれしいのですが、時期によってどれを買うと一番いいかって違ってきてしまう。積み立てていくということは、ファンドを絞り込むということになりますが、まだどれかのシリーズに思い入れがあったりするわけでもないし、絞り込むのはもうちょっと先送りにしたい。しばらく、積立は、キャンペーンの応募のみにして、あとは、手で購入していくのがいいのかなぁとか思ったりもします。


リスク資産のアセットロケーションの変化

資産クラス 前回の比率 現在の比率 目標
国内株式 32% 30%(↓) 18%
先進国株式 16% 18%(↑) 25%
新興国株式 6% 6%(→) 15%
国内債券 16% 15%(↓) 10%
先進国債 24% 21%(↓) 15%
ハイイールド債 1% 1%(→) 4%
新興国債券 2% 4%(↑) 5%
国内REIT 3% 3%(→) 3%
海外REIT 1% 3%(↑) 5%
コモディティ 0% 1%(→ 0%

国内外資産比率

クラス 前回比率 今回比率
国内資産 51% 47%(↓)
外資 49% 53%(↑)

株式債権資産比率

クラス 前回比率 今回比率
株式 62% 53%(↓)
債権 37% 40%(↑)
その他 1% 7%(↑)

前回からの売買履歴

区分 名称 リンク
投信 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド セゾン投信
投信 ニッセイ日本インカムオープン ニッセイアセットマネジメント
投信 野村インデックスファンド・新興国債券・為替ヘッジ型 野村アセットマネジメント
投信 eMAXIS バランス(8資産均等型) 三菱UFJ投信
投信 eMAXIS 国内リートインデックス 三菱UFJ投信
投信 eMAXIS 新興国株式インデックス 三菱UFJ投信
投信 eMAXIS 新興国債券インデックス 三菱UFJ投信
投信 eMAXIS 先進国リートインデックス 三菱UFJ投信
投信 eMAXIS 先進国株式インデックス 三菱UFJ投信
投信 eMAXIS 全世界株式インデックス 三菱UFJ投信
投信 ブラックロックゴールドファンド ブラックロック
投信 コモディティトレンドオープン ITCインベストメント・パートナーズ
投信 MHAM J−REITインデックスファンド みずほ投信投資顧問

感想

 ロケーションについては、徐々に目標に近づいているとういう感じです。一度目標に近くなってしまえば、積立+微調整のスポット購入という感じで運用できそうなので、引き続き、目標に近づけていこうかなと考えています。

emaxisで、積立開始

 SBI証券で、emaxisの積立を開始しました。積立額は、目標となるアセットロケーションに近づくような配分に。しかし、積立向きのインデックスシリーズについては、各社サービスの状況が刻々と変わっていくという状況なので、投信の定期的な購入の仕組みについては、SMTシリーズへの乗り換え、しばらくは手動で購入という方法も含め、検討中という感じです。

コモディティトレンドオープン

コモディティ・トレンド・オープン | ITCインベストメント・パートナーズ

 これまで成長性がないコモデティのクラスへの投資は、あまり考えていなかったのですが、マネックス証券で手数料還元のキャンペーンをやっていたことや、ロング・ショート組み合わせるということで値動きを見てて面白いかなということで、少額購入してみました。投資というより完全に趣味・勉強用ですね。

 ではでは、引き続き、来月も中旬ころにアセットロケーションを報告できたらと思っています。

※投資については、自己責任でお願いします。

過去のアセットロケーション

Linux系の技術書のメモを取るときのさくらエディタ、カラー設定

やっぱり、技術書をメモりながら読むときは、
慣れたテキストエディタがいいですよね・・・。
そして、うまい具合にカラー設定されているとなおいい。

自分は、さくらエディタで、
Linux系の技術書をのメモをとったとき、
コマンドと、出力内容、ファイルの内容が
上手い具合に強調表示できる
ように設定しています。

自分なりの設定です。

[SakuraColor]
// 正規表現キーワード Ver1
RxKey[000]=TXT,/■■■ タイトル ■■■/k
RxKey[001]=RK4,/^■ .*/k
RxKey[002]=RK5,/^□ .*/k
RxKey[003]=TXT,/■■■ 平文 ■■■/k
RxKey[004]=RKA,/^\s*・.*/k
RxKey[005]=TXT,/■■■ コマンド ■■■/k
// コマンドを強調表示する用
RxKey[006]=KWA,m#^\s*>((?!//).)+$#k
RxKey[007]=KW9,m#^\s*\$((?!//).)+#k
RxKey[008]=KW8,m#^\s*\#((?!//).)+#k
RxKey[009]=TXT,/■■■ 強調コメント ■■■/k
// メモを残す
RxKey[010]=KW5,/\/\/.*/k
RxKey[011]=KW6,/^\s*\-.*/k
RxKey[012]=TXT,/■■■ ファイル内容 ■■■/k
// ファイル内容等は、「:(コロン)」から書き初めて表現する
RxKey[013]=RK6,/^\s*:.*/k
RxKey[014]=TXT,/■■■ 出力内容 ■■■/k
RxKey[015]=RK9,/^\s*;.*/k
// 出力結果は、「; (セミコロン)」から書き始めて表現する。

これを「hogehoge.rkw」とかで保存して、
「タイプ別設定」>「正規表現キーワード」>「インポート」
で読み込ませると、


こんな風にカラー表示されます。

2012/03 投資成績

3月31日時点の投資成績です。月次のリターンは、+3.23%でした。

3月は出遅れ気味だった国内株式市場が非常に堅調でした。
それにともない大きく含み益があった銘柄を売り、
利益を確定させたため、投資総額は減りました。


現物の株式は、
企業の業績を調査したり、売買のタイミングを見計らうのに
とても体力をつかい、大変だということがわかったので、
引き続き、現物の国内株式への投資比率を落として、
投資信託への投資に移行していこうと考えています。


期間ごとのリターンは、以下の通りです。

1ヶ月リターン 3.23%
3ヶ月リターン 10.70%
6ヶ月リターン 11.69%

「セゾン・バンガードグローバルバランスファンド」との比較

次に勝手にライバルと定めた「セゾン・バンガードグローバルバランスファンド」とそれ以外の部分との比較です。


セゾン・バンガードグローバルバランスファンドのみの投資成績
1ヶ月リターン 2.40%
3ヶ月リターン 12.42%
6ヶ月リターン 9.57%
セゾン・バンガードグローバルバランスファンドを除いた投資成績
1ヶ月リターン 1.13%
3ヶ月リターン 5.35%
6ヶ月リターン 6.92%

2月にくらべ3月は円安に大きくふれました。そのため8割以上が海外資産のセゾン・バンガードグローバルバランスファンドの成績がそれ以外の部分を大きく上回りました。


引き続き、セゾン・バンガードグローバルバランスファンドを見習って、「長期投資」・「低コスト」・「世界分散」などを指針に、自分の投資スタイルを確立していきたいなぁと思っています。


ではまた。